健康長寿食/トランス脂肪酸

健康長寿食

いつまでも自分の力で暮らせるように。
食を通して「健康寿命」を延ばします。

平均寿命を見ると、男性も女性も人生100年時代※1に入った日本。
しかし、私たちTFPが注目したいのは健康上の問題で
制限されることなく生活できる期間、健康寿命です。平均寿命と健康寿命との差を見ると男性が約9年、
女性は約12年※2。この期間は人の手助けが必要となり、ともすれば寝たきりということも考えられます。
できる限り長く自分の力で歩き、食べることができる人生を。私たちは健康寿命の延伸を、
減塩食やトランス脂肪酸の低減など食を通して実現していきます。

  • ※1.日本人男性の平均寿命81.09歳、女性87.26歳(2017年厚生労働省)
  • ※2.日本人の男性の健康寿命72.14歳、女性74.79歳(2016年厚生労働省)

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸の低減化により、
認知症や心疾患のリスクを下げるための取組み。

万病の元"トランス脂肪酸"が、今日も日本の食卓に。

サラダ油やマヨネーズ、朝食の常連マーガリン、さらにはこれらを原料としてつくられるパンやお菓子、
その共通点はトランス脂肪酸と言われる身体に有害な物質が含まれていることです。
アメリカのFDA(食品医薬品局)は2018年から原則として食品への添加を禁止。
中国や韓国をはじめ各国で使用規制が実施されているにも関わらず、日本では厳格な規制は行われていません。
今ものところ自己防衛するしかないのです。

トランス脂肪酸の表示義務
アメリカやカナダ、ブラジル、中国、韓国などでは、加工食品の栄養成分表示においてトランス脂肪酸量の表示が義務づけられています。
Trans Fat 0g

身体にどんな害があるの?

工業的に製造されたトランス脂肪酸を長期にわたって摂取すると、血液中の悪玉コレステロールを増やし、
善玉コレステロールを減少させることで冠動脈性疾患にかかるリスクがアップします。
また、糖尿病、内臓脂肪の蓄積、脂質異常、高血圧、高血糖にもつながり、
認知症や心疾患、糖尿病のリスクも高くするなど、身体にとってはまさに万病の元となってしまいます。

トランス脂肪酸とは

トランス脂肪酸には、油脂を加工・精製する工程でできるものと、天然に食品中に含まれているものがあります。

油脂の加工・精製でできる人工的なもの

常温で液体の植物油や魚油のから半固体又は固体の油脂を製造する加工技術「水素添加」によってトランス脂肪酸が生成します。水素添加によって製造されるマーガリン、マヨネーズ、ショートニングや、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、揚げ物などにトランス脂肪酸が含まれています。

食品別の平均トランス脂肪酸含有量(平均値)

トランス脂肪酸含有量(g/100g)
食品名 平均値 食品名 食品名
ショートニング 13.6 アイスクリーム類 0.24
マーガリン 7 菓子パン 0.2
クリーム類 3.02 食パン 0.16
ビスケット類 1.8 チョコレート 0.15
食用油類 1.4 練乳 0.15
マヨネーズ 1.24 即席麺 0.13
スナック菓子、米菓子 0.62

食品安全委員会による

天然にできるもの

天然の不飽和脂肪酸はふつうシス型で存在します。しかし、牛や羊などの反芻(はんすう)動物では、胃の中の微生物の働きによって、トランス脂肪酸が作られます。そのため、牛肉や羊肉、牛乳や乳製品の中に天然に微量のトランス脂肪酸が含まれています。

TFPは食の安全を守るため、トランス脂肪酸を減らし、アマニ油の活用を促進。

動脈硬化やアレルギーの予防、免疫機能改善、さらには認知症の予防効果も期待されている
α-リノレン酸を多く含むアマニ油を1日に小さじ1杯。
これだけで血液中の脂質を減らして動脈硬化や高血圧、脂質異常などを防ぐ効果があります。
私たちは様々な食用油脂を専門機関で検査し、トランス脂肪酸の少ないものだけを使用するとともに、
アマニ油を効果的に使い、安全なメニューを毎日お届けしています。

TFPが使用する製品

分類 食品名 トランス脂肪酸(100gあたり)
マヨネーズ マヨネーズ 0.77g
くまがい卵油 TFPオリジナルマヨネーズ 0.27g
植物油 キャノーラ油 1.5g
当社使用の辻製油(株) キャノーラ油 0.18g
ドレッシング 胡麻ドレッシング 0.31g
当社使用の手づくり焙煎ごまドレッシング 検出せず
一般財団法人 日本冷凍食品検査協会調べ
山嶋哲盛先生が鳴らす、食卓への警鐘。